四季折々の行事や暮らしを豊かにする情報を紹介します

四季折々ものがたり

お出かけ

iPhoneの標準アプリカメラで花火を撮る!ピント合せと撮影のコツ

投稿日:

これからいよいよ夏休みが始まり各地で花火大会が開催されます。
花火を綺麗に撮って、ツイッターやインスタグラムにアップしたいですよね。

iPhoneで花火を綺麗に撮れるアプリも欲しいけど、結局めんどくさくなっていつも使うのは標準のアプリカメラ。そんな方も多いのでは?

今回はiPhoneの標準アプリのカメラを使って、花火を綺麗に撮影するコツを紹介します。

スポンサーリンク
  

iPhoneの標準アプリのカメラで花火を綺麗に撮るには?

iPhoneのカメラアプリは、たくさんあるのですがどれも数回使っては使い方がイマイチわからず、新しいカメラアプリを探すことを繰り返していませんか?その点、iPhoneの標準カメラは初期のものと違って、簡単な操作で綺麗に写真を撮れる機能が強化されています。他のカメラアプリを探しまわるより、標準カメラの使い方に慣れたほうが綺麗に写真を撮ることができますよ。

まずは簡単に標準カメラアプリの説明や花火を綺麗にとる準備などを紹介します。

標準アプリのカメラがおすすめ

シャッターチャンスを逃さないようにするには、カメラアプリの起動の遅さがネックになってきます。その点、iPhoneの標準アプリカメラは一番速く起動できますので便利です。ロック画面からわずか1~2秒で起動できます。

最短の起動方法

画面が黒い状態からの起動方法。(もちろんどの画面からでも同じ手順でカメラアプリを起動できます。)

  • ホームボタンを押す
  • 画面の下から上にスワイプ
  • 右下のガメラアイコンをタップ

グリッド線の表示

グリッド線とはiPhoneの画面に表示される分割線のことです。このグリッド線を表示させることで、構図を決めたり水平な位置を決められることが出来るので、普段から表示させるのが便利です。

  • 設定をタップ
  • 写真とカメラをタップ
  • カメラのグリッドをオンに(緑色がオン)

ズームは使わない

iPhoneではズームを使いますと、荒い画像になりますので使わないほうが良いです。後で、トリミング(いらない箇所を切り取る)もできますので、気にしないで下さい。

フラッシュは?

フラッシュは必ずオフにして下さい。

HDR撮影

HDRとは写真を撮ったときに、iPhoneが自動的に異なる明るさの写真を保存し、自動で合成してくれるモードです。以前のiPhoneでしたらHDRモードで撮影すると、保存のためにわずかにタイムラグが発生していましたが、iPhone6以降はすぐにシャッターを押せるようになりますので、一度お試しください。

花火を撮るための準備

花火を綺麗に撮るための前段階として注意することを紹介します。
本当は手ブレを無くすために、iPhoneを固定するスタンド、三脚があれば一番良いのですが、花火大会に行くのにそんな荷物になるような物を、持ち歩けませんよね。

ですので、何も使わずに手ブレを少なくするには、脇をきっちりと閉じることです。これを意識するだけでも随分と違ってきます。

花火があがる位置を知る

実際に花火を撮るときには、打ちあがってくる花火を追いかけると綺麗に撮れませんので、花火が開くポイント(場所)にiPhoneを向けるようにしましょう。何回か打ちあがってくる花火が開くポイントを予想しとくのがポイントです。

スポンサーリンク

iPhoneで花火にピントを合す方法

打ち上がってくる花火の場所がわかったら、あとはシャッターを押すだけなのですが、問題となるのはピント合わせです。

通常iPhoneでピントをあわせるには、ピントを合わせたい箇所の画面を軽くタップすればオレンジ色の枠が出現し、そこにピントを合すことができます。毎回上がってくる花火にピントを合わせるのは無理なのでピントを固定します。

ピントの固定方法

まずは、大きな花火を撮る前に小さな花火でピントを固定します。
画面をタップするとピント合わせになりますが、そのまま長押しをすると画面の上に「AE/AFロック」と黄色い表示がされます。再度違う箇所をタップすると解除になります。

AE/AFロックとは

簡単に説明すると、明るさとピントを固定することです。もちろん長押しすることで同時に明るさとピントを固定しています。

固定するときの注意点は、花火が明るいときに固定して下さい。真っ暗な場所を固定するとそこの暗さが基準となるので、花火を写したときは、花火が明るすぎることになります。

iPhoneで花火を撮影するコツ

普段、iPhoneで写真を撮る時には画面上の下に表示される丸いアイコンを押してると思うのですが、iPhoneでシャッターを切るには様々な方法があります。何回か脇を閉めてiPhoneを持ち、一番自分が押しやすい方法を確認してみて下さい。

音量ボタン

音量ボタンでシャッターを押すことができます。横に向けて撮影するときには、カメラと同じ要領になるのですが、iPhoneを横に持ったときに丁度右手の下の部分がカメラレンズにくるのと、音量ボタンが押しにくいので、使いにくいかもしれません。

標準ヘッドホン

iPhoneの標準ヘッドホンの音量ボタンでシャッターを押すことができます。慣れれば一番手ブレが収まる押し方です。

動画で撮影

わたしが一番良く使っている方法です。この方法が一番、ブレずにシャッターチャンスを逃さないで綺麗に撮れる方法だと思います。

やり方は簡単です。まずはカメラモードから右にスワイプしてビデオモードにして撮影します。

動画を撮ったあとにカメラロールから動画を選び再生。
再生中に一時停止を押し、下に出てくるビデオロールをスライドさせ、好きな箇所を選びます。その画面をスクリーンショット(電源ボタン+ホームボタン)すれば、ベストなタイミングでの写真が撮れます。シャッターを押しっぱなしで自動でなる「バースト」モードよりも便利ですよ。

動画から写真を撮る方法は以前のiPhoneですと、専用のアプリが必要でしたが、iPhone5以降のシリーズからは標準アプリだけで出来るようになったので本当に便利です。花火に限らず、動きのあるものを撮る時に使ってみて下さい。

スローモーション

一風変った撮影方法として、スローモーションで撮る花火も面白いです。余裕があったらスローモーションで撮影してみて下さい。

花火す路も動画

まとめ

花火をiPhoneで綺麗に撮るためにポイントをまとめると

  • 手ブレを少なくするために脇をしめる
  • フラッシュはオフ
  • 花火の開くポイントを知る
  • AE/AFロックを使う
  • 動画で撮ってみる

になります。
iPhoneの標準カメラは、とっても使いやすいので何回か練習すれば花火や夜景も綺麗に撮れるようになると思います。

綺麗な花火を撮って、たくさんの思い出写真をアップして下さいね。

スポンサーリンク

-お出かけ
-, ,

Copyright© 四季折々ものがたり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.