四季折々の行事や暮らしを豊かにする情報を紹介します

四季折々ものがたり

季節

紫外線対策のサングラスの選び方UVカットとはUV380とUV400の違い

投稿日:

紫外線対策でサングラスが有効と聞いて、サングラスを買いに行ったものの専門用語がありすぎて混乱したことはありませんか?

可視光線透過率 紫外線透過率 UVケア UVカット UV380 UV400などなど(笑)

これらの表示に惑わされることなく、紫外線対策のできるサングラスの選びかたを紹介します。

UVカットの表示にだまされないで!!

スポンサーリンク

紫外線対策のサングラスの選び方

そもそもなぜ紫外線対策としてサングラスが有効なのでしょうか?

わたしは小さい頃サングラスをかけるといったら、悪者がかけているイメージしかありませんでした(笑)それか、単純に陽射しを避けるためにかけるイメージでしょうか。

陽射しを避けるにはサングラスの色の濃度が影響してきます。

可視光線透過率とは?

可視光線透過率、つまり光を透す(とおす)率のことです。この数字が小さいほど光の量が少なくなるので、レンズの色は濃い色になります。

透過率が小さい→レンズの色が濃い

紫外線透過率

同様に紫外線透過率が小さければ、紫外線を透す(とおす)量が少ないので、紫外線への対策になります。

紫外線透過率 1.0 だと99%防ぐことになります。

つまり、紫外線を防ぐにはサングラスの色の濃度ではなく、きちんと紫外線をカットできるかどうかが重要になってきます。

目に紫外線が入ると?

紫外線対策でサングラスをかける意味は、目に紫外線が入ると目から脳に信号が伝わり、その信号が全身に送られ紫外線に対抗するためにメラニン色素を作りだすからです。

つまり、肌に紫外線が当たってなくても目に紫外線が入ってしまえば脳が送る信号により、肌に紫外線が当たっているのと同じ状況になってしまいます。

ですので、紫外線対策とするならばサングラスのレンズの色は何色でも良いです。
しかしUVカット機能がない場合ですと、レンズの色が濃いと、目の瞳孔が光を集めるために広がりますので紫外線も開いた分一緒に入ってきます。なので、薄い色のレンズの方が紫外線を取り込みにくいです。

きちんとUVカット機能があれば、濃い色のレンズでも薄い色のレンズでも大丈夫です。

また、サングラスはレンズが広いものを選ぶほうが目元のシミなどに有効です。どおしても、サングラスの横から光が入りますので、一緒に帽子をかぶるのをおすすめします。

サングラスのUVカットとは?

それではUVカットとは、いったい何なのでしょうか?
最近では、100均のファッショングラスのようなサングラスでも「UVカット」の表示がありびっくりしますね。

スポンサーリンク

また、「UVカット」の他に「UVケア」の表示があるのも混乱させる原因です。実は、「UVカット」も「UVケア」も各メーカーによって呼び方が違い統一されていないだけで、あまり違いはありません。

UVとは?

何気に使われているUVですが、UVとは「紫外線」のことです。太陽の光には、ざっくり分けて目に見える「可視光線」と「紫外線」に分かれます。
そして、その中でも紫外線は3種類に分けられています。

波長の長さによって区別されているのですが波長が短いものから

UV-C (100-280nm)
UV-B (280-315nm)
UV-A (315-400nm)

となっており、波長の一番短い「UV-C」が一番人体に害を与えるのですが、地表にはほとんど届きませんので実質、紫外線で気を付けないといけないのは

「UV-B」と「UV-A」になります。

「nm」はナノメートルと読みます。

UV-Bは、肌の表面に影響し、シミやソバカスを作り老化させます。
また、日焼けで火傷状態になるのは、このUV-Bの影響です。

UV-Aは皮膚の下に影響し肌を黒くしたり、シワやたるみを作ります。
特にこのUV-Aは、ガラスも通りますので注意が必要です。

つまりUVカットと言ってもこの2種類の紫外線を防ぐことがシミやソバカス、肌の白さに関係してきます。

衝撃の事実を言いますと、プラスチックのダテメガネですら紫外線を防ぐことができます。特にUVカットと表示していなくてもです(笑)

だから、「UVカット」の表示に惑わされてはいけません。
紫外線対策のサングラスは、「UV-A」をカットできる物を選ばないと意味はありません。

UV380とUV400の違いは?

ここまで読まれた方はわかると思いますが、UV380のサングラスとUV400のサングラスとどちらが、紫外線を防ぐことができるでしょうか?

ヒントは後ろの数字、波長の長さです。

380は380ナノメートルの波長までしか防ぐことが出来ません。
400なら400ナノメートルまでの波長を防ぐことが出来ます。

380も400も同じUV-Aの紫外線ですが、UV400の表示があるサングラスが一番紫外線対策として選んでほしいサングラスになります。

また、よくある表示に「UVカット率99%」などがありますが、一般的には、UV400のレンズで紫外線カット率が99%、UV380で紫外線カット率90%とされています。

うがった見方をすれば、どの紫外線のカット率かははっきりしていないので、一番良いのはUV-Aまで含めた紫外線を99%カットしている表示があるものを選ぶのが安心です。

まとめ

一番、紫外線対策で良いサングラスの表示は

「UV400」の一択です。

「UVカット」という表示に惑わされずに、最強のサングラスを選んで下さいね。

スポンサーリンク

-季節
-,

Copyright© 四季折々ものがたり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.