四季折々の行事や暮らしを豊かにする情報を紹介します

四季折々ものがたり

子育て

脱水症状の幼児の見分け方と水分補給の仕方と補給液の作り方

投稿日:

これから本格的な暑い夏がやってきます。夏の時期に気を付けたいのが幼児の脱水症状です。

部屋の中にいるからと思って、油断していると脱水症になり大変危険です。

小さいお子さんや幼児の脱水症状の見分け方と、水分補給の方法などを紹介します。

スポンサーリンク
  

脱水症状の幼児の見分け方

dassui
赤ちゃんや幼児は、大人より体の中に占める水分量の割合が高く多くの水分を必要としています。

大人の体の60%が水分ですが、なんと赤ちゃんは体内の80%が水分です。ですから、体内から水分が出たら、同じ量だけ水分補給をしなければ、危険な状態になります。

そして、赤ちゃんや幼児は身体の温度管理機能がまだ弱いですし、自分で服を脱いだり、自分で水分補給も出来ないことが多いので、周りの大人が気を付けていないと、脱水症状になりやすいです。

また、腸炎などで嘔吐や下痢を繰り返していると体内から水分がどんどん出て行っている状態になりますので、特に脱水症状に気を付けないといけません。

脱水症状の見分け方

普段の元気な様子から、比べて下さい。

  • 食欲がない
  • おしっこが少なく、色が濃い黄色
  • 便が固く、水分が少ない
  • 不機嫌で、ぐずりがひどい
  • 泣いているのに、涙が少ない
  • 熱があるのに汗をかかない
  • 口が乾いていて、舌が白くなっている
  • 皮膚にハリがない
  • 手足が冷たい
  • 爪を押して3秒以内に赤みが戻らない

このようなときは、脱水症になっている可能性が高いです。
適切に水分補給をして下さい。また緊急を要する場合もありますので心配なら病院で診察を受けて下さいね。

脱水症状とは?

脱水症状とは、簡単に言えば体内から水分が減っている状態です。
ですが、汗と一緒に電解質であるミネラルも排出していますので、単純に、水が足りない状態だけでなく、ミネラルなどの補充が必要になってきます。

脱水症とは

水分の不足

電解質の不足

水分が減ると血液の量が減り必要な栄養素や老廃物を排泄する力が弱くなり、食欲不振が起きます。

電解質の不足は、血液の浸透圧が維持できなくなるので神経や筋肉に影響が出て、足がつったりしびれ 脱力が起こります。

脱水症状の幼児の水分補給の仕方

脱水症状の状態が長く続くと、危険ですので水分補給を適切にしないとなりません。

しかし、単に水分だけではなく電解質の補給も一緒にしないといけませんのでミネラルも一緒に取る必要があります。

スポーツドリンクは危険?

病気のときなどの緊急時の脱水症状の改善でスポーツドリンクは適しているのですが、日常的に赤ちゃんや幼児にスポーツドリンクを飲ますのは、控えたほうが良いです。

スポーツドリンクは、糖分が多いからです。糖分が多い理由は飲みやすいだけでなく、糖分を一緒に摂ったほうが電解質の吸収が促進されるからです。

よく、大人用のスポーツドリンクを薄めて飲ます方もいますが、水分を加えると、全体のバランスが崩れますので適切に水分が吸収されにくくなりますので、注意して下さい。

赤ちゃん用のものでしたら大丈夫です。

スポンサーリンク

経口補水液がベスト

一番、体内の水分補給に適している飲み物は経口補水液です。
下痢のときでも、経口補水液なら小腸から水分やミネラルが吸収されることがわかっていますので、飲ませて下さい。

経口補水液の上げ方

赤ちゃんの場合は、吐き出すことも多いのです。そのようなときはスポイトやスプーンで少しずつ、飲ませてあげて下さい。

一気に飲ますのではなく、点滴のようなイメージです。

上げるペースは1分~5分ごとに少しずつです。口に入れると吐きだす場合なら、歯茎の上をつたわすように口の奥に流し込むようにすれば、吐き出さないです。

脱水症状の時の水分補給になる水の作り方

脱水症状には、経口補給液が一番適しているのですが、緊急時であったり夜中ですと、手に入らないこともありますよね。

その場合、ご家庭でもよく似た成分のものを作ることができますので紹介します。

必要物

水 1リットル

砂糖 大さじ2+小さじ1

塩 小さじ半分

レモン 数滴

分量は出来るだけ、正確に測って下さい。経口補給液は体内に効率よく水分補給をするための水なので、味は考慮されていません。

健康な状態の人が飲むと、おいしくない水ですが脱水状態にある人には、おいしく感じられることもあります。

つまり、おいしく感じたなら脱水症になりかけです(笑)

また、家庭で作る場合は雑菌が入り、繁殖しやすいので必ず作ったその日に飲んで下さいね。

まとめ

胃腸炎などで、嘔吐や下痢で脱水状態になっているときは無理に食事を摂らすよりも、まずは水分補給のほうが大事です。

脱水状態が続き、水分補給が上手くできない場合は点滴で水分補給する必要も出てきます。

特にお子さんが赤ちゃんや幼児の場合は一刻を争う状況にもなりますので、不安でしたら病院で診察を受けて下さいね。

スポンサーリンク

-子育て
-,

Copyright© 四季折々ものがたり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.