四季折々の行事や暮らしを豊かにする情報を紹介します

四季折々ものがたり

iPhone

ポケモンGOは電池が劇ヤバiPhoneでバッテリーを持たせる方法と劣化症状

更新日:

ポケモンGOがついにリリースされましたね!
わたしの職場近くのポケストップは連日お祭状態です。

わたしもプレイしているのですが、GPSの位置情報を利用しているため電池の減りが半端ないですね!!

今回はポケモンGOをプレイする上で電池の消費をできるだけ抑える方法などを紹介します。

スポンサーリンク
  

ポケモンGOは電池の減りが劇ヤバ!

ポケモンGOは課金をしなくても十分楽しめますしスマホゲームにありがちなスタミナ制をとっていないので気軽にプレイできるですが、その分、iPhoneなどの電池の減りが異常なほどヤバイです。

ポケストップが数箇所隣接している人気スポットでは、移動せずにモンスターボールやアイテムが取り放題のために、ポケモンGOがずぅっと稼動している状態になります。

なので、電池の量がプレイ可能時間の生命線になっています。

そこでバッテリーを少しでも長持ちさせるポケモンGOアプリの設定を紹介します。

ポケモンGOのバッテリーセーバーとは

ポケモンGOアプリには、ゲーム内の設定でバッテリーの消費量を抑えるバッテリセーバーがあります。

このモードをオンにすると、iPhoneなどのスマホを手に持っている状態で、下に降ろすと画面が暗くなり電池の消費が少なくなります。

画面を見ながらの歩きスマホは大変危険ですが、ポケモンGOを実際にプレイしてみると歩きスマホの状態には、まずなりません。

バッテリーセーバーをオンにして手に持ちながら(画面を見ながらではありません)歩いているとポケモンが出現したときにはバイブで教えてくれます。わざわざ画面を見なくてもポケモンが発見できます。

バッテリーセーバー設定方法

  • マップ画面下真ん中のモンスターボールをタップ
  • 右上の歯車アイコン 設定をタップ
  • 振動にチェック
  • バッテリーセーバーにチェック

これで、バッテリーをセーブしながら歩きスマホをせずにモンスターが出現したときにはバイブでわかるようになります。

しかーし、現行のバージョンではかなりの確立でバッテリーセーバーをオンにしていると、画面がロックしてしまいプレイすることが出来なくなってしまいます。

ポケモンGOが動かなくなった場合

素直にホームボタンをダブルクリックしてアプリを終了するしか今のところ解決策はありません。

バージョンアップでこの不具合が早く直ると良いですね。

iPhoneのバッテリーを持たせる方法

ポケモンGOのバッテリーセーバーは現状問題があるのでiPhone自体の設定などでバッテリーを長く持たせる方法を紹介します。

  • iPhoneのケース
  • iPhoneの設定を見直す

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるには二つのアプローチが必要になります。

ひとつは、iPhoneの物理的な使用状況。
もうひとつは、iPhoneの設定状況。

ポケモンGOを長く楽しむならケースは外す

普段使いする分にはほとんど影響はないのですが、ポケモンGOで遊ぶために少しでもバッテリーを長く持たせたいのなら、iPhoneのカバーやケースを取って裸で使うのが良いです。

iPhoneのリチウム電池は熱に非常に弱いです。ポケモンGOはGPSの位置情報を使っっていますので、少し長くプレイするとiPhone本体が、非常に熱くなってきます。

カバーやケースをつけていると熱が籠もってしまい、バッテリー自体を痛めてしまい結果として電池の持ちが悪くなってしまいます。

とはいっても、iPhoneを落としてしまい壊してしまえば元もこうもありません。そんときにおすすめするのが、こちらの商品です。

こちらを使えばiPhoneの本体を最大限に露出させることができ、効率よく発熱を逃すことができます。

リングに指を通せば、手を滑らせてiPhoneを落下させてしまう可能性は限りなく低くなりますので本当におすすめです。

落下と発熱の両方をカバーできるので大変すぐれものです。

スポンサーリンク

iPhoneの設定を見直す

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるには設定を見直しましょう。
初歩的ですが、チリも積もれば山となります。

  • 画面の明るさ
  • Bluetooth
  • Wi-Fi
  • 他のアプリ
  • iOSは最新

ポケモンGOは外で遊ぶアプリなので正直画面の明るさが暗いと見難いのですが、ギリギリの明るさにしましょう。

Bluetoothは接続先を探すためにバッテリーを消費しますのでオフに。
同様にWi-Fiもオフにして下さい。Wi-Fiの電波が悪いと他のポイントも探しますので電池を消費します。

Wi-Fiの電波が安定的に繋がるのであれば機内モードにすれば電話回線の電波を探さないのでよりバッテリーを節約することができます。

機内モードでもLINEやメールは受信できますので安心ですね。
唯一使えないのは電話。電話は電源オフの状態になります。

ポケモンGOをプレイするときには、他のアプリは終了させましょう。
バックグラウンドでアプリが開いていると電池は消耗します。

iOSは最新バージョンのほうがバッテリーの持ちがよくなります。
バージョンの初期のアップデートであれば、不具合が出ることもありますので気をつけて下さい。

iPhoneのバッテリーの劣化症状

iPhoneのバッテリーは当然ですが利用歴が長いとそれだけ劣化します。使い方にもよりますが1年以上、2年未満の利用でバッテリーの劣化を感じるようになるのではないでしょうか。

しかし、現在ほとんどの方が2年縛りの中でiPhoneを利用しているので、同機種を使う期間は2年以内だと思います。通常の使い方をしていればバッテリーの劣化を感じる前に新機種に乗り換えをしているのではないでしょうか。

しかし、ポケモンGOをプレイするとなるとやはりバッテリーの劣化が気になると思います。

100%まで充電したものの、たいしてiPhoneを使用してないのに電池の減りが早いのであれば、バッテリーの劣化を疑ったほうが良いでしょう。

ただし買ったばかりのiPhoneの場合、異常に電池が減る場合がありますが、数日使って充電を繰り返すうちに通常に戻りますのでしばらく様子を見たほうが良い場合もあります。

バッテリーが劣化した場合

Apple Care+(アップルケア プラス)に加入しているのであれば無償でバッテリー交換できます。健全なバッテリーの状況が100%とすると、バッテリーの状態が80%未満の場合に無料で交換してくれます。

通常、1年ぐらいの利用では80%未満にはならないそうです。しかもアップルケアに加入していなくても、9400円でバッテリーを有償で交換してもらえますので、バッテリー交換を前提としたアップルケアへの加入は考えものですね。

またアップルストアは全国でも数店舗しかありませんし、修理に出すと1週間以上はiPhoneが手元にない状態になります。

なので明らかにバッテリー自体が不良品である場合や、2年以上同機種を続けて使いたい方以外はバッテリー交換の必要はなさそうです。

そこで、ポケモンGOをプレイするかたで電池の減りが気になるかたや、2年縛りがもうすぐ終わるけれどバッテリーが劣化してしまい、ポケモンGOがあまり遊べない方は、モバイルバッテリーの購入をおすすめします。

モバイルバッテリーの選びかたについては、また次回で紹介したいと思います。

→モバイルバッテリーの選び方

まとめ

ポケモンGOは今までのスマホゲームとは全く違い、実際に外に出かけてポケモンを探すゲームになっています。

ポケモンを探すことに夢中になりすぎて、道の真ん中で急に立ち止まったり、歩きスマホは大変危険ですので絶対にしないで下さいね。

万が一、ポケモンGOをプレイしていたために不幸な事故が起こってしまうとゲームそのものが規制されてしまうかもしれません。

周りの環境に配慮して節度を持って楽しみましょう!!

→ポケモンGOをアップデートしてデータが消えたときの復旧方法

→モバイルバッテリーの選び方

スポンサーリンク

-iPhone
-,

Copyright© 四季折々ものがたり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.