四季折々の行事や暮らしを豊かにする情報を紹介します

四季折々ものがたり

お出かけ

明石海峡大橋海上ウォークとは?持物や服装は?近くで食事できる場所

投稿日:

明石海峡大橋海上ウォークは年に4回しか開催されないとても貴重なイベントですので、どのような感じなのかはあまり知られていません。

また、参加できる時間が運営者によって決められているので、好きな時間に食事が摂れません。

時間を有意義に過ごすためには、どのような手順で始まり、終了するかを知り、どこで食事を摂れば良いかを紹介します。

スポンサーリンク

明石大橋海峡大橋海上ウォークとは?持ち物や服装の注意点

明石海峡大橋は世界一の吊り橋です。その長さは3991メートルで主塔の高さは約300メートル。主塔の間が1991メートルと世界一です。

パールブリッジという愛称もありますが、地元民のわたしですら、その呼び方は聞いたことがありません(笑)

横文字つながりですと神戸では、夜景で綺麗なヴィーナスブリッジはとても有名です。小さな橋なんですけれど、いつもカップルで賑わっています。

明石海峡大橋は完成までに約10年掛けて1998年に完成しました。
大変難しい工事と、建設中に阪神淡路大震災があったにも関わらず、工事の開始から、完成まで事故の死亡者がゼロ名と素晴らしい偉業を達成しています。

過去には、主塔の頂上300メートル付近に上がれるイベントも開催されていたのですが、現在はエレベーターの調整からそのイベントは中止されています。

なので、明石大橋に登り歩ける機会は「明石海峡大橋海上ウォーク」しかありません。

しかも、年に4回(5月と11月の2日ずつ)しか開催されないので、現在のところ倍率が7.5倍と人気の参加型イベントとなっています。

参加できる人数は1日1200人。
参加費用は大人 2500円 中学生以下 1500円です。

→明石海峡大橋海上ウォーク申込みについて

明石海峡大橋海上ウォークとは?

Maikokoen

明石大橋の舞子側のアンカレイジ(吊り橋を支えるメインケーブルのコンクリートの土台、もちろん世界一の大きさ)から淡路島側のアンカレイジまで約4キロを管理用道路を使って徒歩で海上の上を約1時間かけて歩きます。

イベント自体は約2時間半です。途中、休憩は2回ありますが、橋に上がってしまえばトイレはありませんのでご注意して下さい。

持ち物や服装

手に持つカバンなどは安全のため禁止です。ディパックなどのリュックサックでの参加になります。天候によっては中止になりますが、途中に雨が降った場合、傘も禁止になりますのでレインコートや合羽が必要になります。

11月の開催回だと、橋の上は横風もありますし、肌寒いときもありますのでプラス1枚、上に羽織れるものを持って行ったほうがいいですね。

アンカレイジ内でヘルメットと、首からぶら下げるためのカメラ用ストラップ、スマホ用の防水タイプのストラップケースが貸し出されます。

歩行中は必ずヘルメットを被るのですが女性の場合、ヘルメットを被れるヘアスタイルが望ましいです。

明石大橋を歩いて渡る機会はそうそうないと思いますので、カメラは必ず持っていかないといけませんね。歩きながら、カメラやスマホを覗くのは大変危険なのでやめましょうね。

スポンサーリンク

カメラの手振れを少なくする方法

首からストラップでぶら下げていますので、その紐をピンと張る位置まで、カメラを動かして下さい。そうすると、紐でカメラ位置が固定され、手ぶれがしにくくなります。

履きなれた運動靴

アンカレイジから管理用道路までは建物の約7階分に相当する階段を上がります。スタートの舞子側で143段、淡路側で171段もあります。これに加えて約4キロ管理用道路を歩くのですから、普段履き慣れている運動靴は絶対ですよ!

4キロの直線

階段を上がるとシャッターがあり、その向こうは管理用通路になります。まっすぐの道は向こうが霞んで見えないぐらい長い!!

はっきり言って、向こうが霞むぐらい長い直線の道を見られるのは、本州ではここだけじゃないでしょうか?

高所恐怖症じゃなくても・・・

通路は網目状になっていて、床から直接海を見ることが出来ます。高所恐怖症の人は応募できないのも納得する高さです(笑)

休憩は2回

約1キロ歩いたところで主塔部分に到着し1回目の休憩です。そのあと、淡路島側の主塔部分で2回目の休憩となります。天気が良ければ左手に大阪が見えるかもしれません。

淡路島に近づくと左側に、道の駅あわじの丸い芝生の公園が見えます。その芝生の丸い大きさが主塔部分の土台の大きさと同じになっています。主塔の土台がとても太いのがよくわかりますね。

淡路島側のアンカレイジに到着して階段を降りたら終了です。橋を渡りきるのに掛かる時間は約1時間となります。全体としては約2時間30分です。

ゴールすると「完歩証」が貰え、岩屋港までのシャトルバスが無料になり、道の駅での買い物の割引サービスを受けることが出来ます。

明石海峡大橋の近くで食事ができる場所

明石海峡大橋海上ウォークの受付時間と開始時間は抽選によって決められています。変更はできません。

午前8時45分~午後2時40分とかなり参加できる時間に幅があります。なので、ご飯を食べる時間は各自で工夫する必要があります。

受付が早い場合

受付時間が早い場合は、選択肢が増えます。明石海峡大橋を渡り終えたあと、淡路島側のアンカレイジ付近の道の駅あわじで食事を摂るのも良いですし、無料シャトルバスで岩屋港まで行きジェノバラインの船で明石港かJR明石駅で食事を摂るパターンもあります。

また、船でなく高速バスで本州まで帰るのであれば、無料シャトルバスで淡路夢舞台前のバス停に行き、リゾート施設で食事を摂ることもできます。レストランは豪華さもあってお値段はやや高めです。

淡路夢舞台にある建造物は、建築家で有名な安藤忠雄の作品です。

ご家族で時間いっぱい淡路島を楽しみたいのなら、リゾート複合施設の淡路夢舞台がおすすめです。

受付が遅い場合

明石大橋は、景色のとても良い舞子公園にあります。受付時間が遅い場合、受付の時間より早く来て芝生でお弁当を食べるのが気持ち良くておすすめです。

アンカレイジ内には体験型展望施設の「舞子海上プロムナード」があり、レストランもありますがこちらは、入場料がいります。

大人310円
子供150円

早めに到着してもイベント参加者は集合場所である「橋の科学館」の入場は無料ですので、受付が遅めの場合は、公園でゆっくりと過ごすのも楽しいと思います。

まとめ

受付時間が早い場合は、昼は淡路島でゆったり過ごし、夜は明石港付近でご飯を食べるのがおすすめです。

受付時間が遅い場合は、早めに舞子公園に到着し芝生の上でお弁当を広げ、周辺の施設を楽しむのがおすすめです。

→明石海峡大橋海上ウォーク申込みについて

スポンサーリンク

-お出かけ
-,

Copyright© 四季折々ものがたり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.